Doorkeeper

LeSS Study LeSS本読書会 第1回

2019-03-01(金)19:30 - 21:30

クラスメソッド 岩本町オフィス1 3F

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目14番2号 イトーピア岩本町ANNEXビル3階

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

1,500円 会場払い
費用は、予定です。ビアバッシュ代(ピザ、ビール、ソフトドリンク代)を参加者で均等割します。

詳細

開催概要

昨今、大規模なアジャイル開発のフレームワークがいくつか出てきています。
その中のひとつである、Large-Scale Scrum ( http://less.works/ ) を理解し
実践に結び付けられたらと考え、このコミュニティを作成しました。

今回から読書会

大規模スクラム Learge-Scale Scrum(LeSS)』が出版されました。
そこで、進め方を変え、読書会として進めていきます。

進め方

担当者がまとめた部分を発表するスタイルで行っていきます。
書籍は持っていた方が良いですが、無くても参加出来ます。
ビアバッシュ形式で楽しく盛り上がりましょう!

会場のご注意

会場はご厚意でクラスメソッドさんにご協力いただいております。
直接3Fまでお上がりください。
20時以降は正面入り口が閉まってしまいます。
20時以降になった場合や、
ご不明な点などあれば、DoorKeeperのお問い合わせでご連絡ください。

章とボリューム

1 LeSS でもっと多く: 2ページ
2 LeSS
2.1 LeSS: 29ページ
2.3 Less Huge: 17ページ

第I 部LeSS の構造
3 導入: 22ページ
4 顧客価値を中心に組織されたチーム: 33ページ
5 マネジメント: 18ページ
6 スクラムマスター: 19ページ

第II 部LeSS のプロダクト
7 プロダクト: 14ページ
8 プロダクトオーナー: 25ページ
9 プロダクトバックログ: 28ページ
10 DONEの定義: 13ページ

第III 部LeSS スプリント
11 プロダクトバックログリファインメント: 25ページ
12 スプリントプランニング: 9ページ
13 調整と統合: 27ページ
14 レビューとレトロスペクティブ: 13ページ

第IV 部More or LeSS
15 次は何をすべきか?: 6ページ

今回の予定 (変わる可能性があります。)

  • 読書会の説明
  • ざっくりとLeSS本の説明
  • 1 LeSS でもっと多く: 2ページ

タイムテーブル

  • 19:00 開場
  • 19:30 本編開始
  • 21:30 終了

あくまで予定です

参考

Large-Scale Scrum
Copyright © 2014 The LeSS Company B.V. All Rights Reserved.

コミュニティについて

Less Study

Less Study

コミュニティ 昨今、大規模なアジャイル開発のフレームワークがいくつか出てきています。 その中のひとつである、Large-Scale Scrum ( http://less.works/ ) を理解し実践に結び付けられたらと考え、このコミュニティを作成しました。 読書会方式 『大規模スクラム Learge-Scale Scrum(LeSS)』が出版されました。 そこで、進め方を変え、読書...

メンバーになる